江戸時代にタイムスリップ。栃木県日光を着物で旅する

栃木は東京のすぐ北側にある県で、多くの観光スポットがあり、また交通アクセスもいいということで、東京からの観光客も多い場所です。

そんな栃木には魅力的な場所がたくさんあります。着物を着て街ブラするにはぴったりの場所とはどのようなところなのでしょうか。

三猿

日光の観光スポット人気ナンバーワン。日光東照宮

栃木県は東京の北側に位置する比較的大きな県で、東京からのアクセスも良く観光客も多く訪れる場所です。

栃木は県北部に位置する那須エリアと日光エリア、中央に位置する県央エリア、南部に位置する県南エリア、県東エリアの5つのエリアに分かれています。

中でも日光エリアは雄大な自然やリゾート施設、また歴史的な建造物集まっているため、特に観光客が多いことでも有名です。

そんな日光エリアでの鉄板観光スポットとなっているのが、日光東照宮です。日光東照宮は世界遺産にも登録されており、海外からの参拝客も多く訪れています。

日光東照宮とは

日光東照宮は、400年以上前に建造された神社のひとつで、あの徳川家康が祀られていることでも有名です。世界遺産にも登録されています。

日光東照宮の中でも特に有名な場所は陽明門と呼ばれる国宝にしていされている豪華な門ですが、平成の大修理と言われた4年もの歳月をかけた修復工事で、創建時の輝きを取り戻しています。見どころのひとつです。


見ざる・聞かざる・言わざる

日光東照宮の有名なモチーフの中でも特に注目されているのが、目と耳と口を塞いだ三猿と言われるサルです。人としての規範、戒めなどを表したものであると言われています。

着物でタイムスリップ

日光にはもうひとつの人気レジャー施設があります。それは日光江戸村です。日光江戸村はまるで江戸時代にタイムスリップしたような気分を味わうことができます。

そんな歴史を感じる場所では、着物がとても良く似合いますね。

江戸村内でもレンタルすることができますが、お気に入りの着物を用意するのもおすすめ。日光には多くの着物レンタル店が立ち並んでいますので、現地調達可能です。

コメントは受け付けていません。