さまざな時代が混在する運河の街小樽を着物散策

北海道は寒いというイメージがあるため、着物はあまり似合わないのではないかと思っている人が多いかもしれませんが、実は北海道にも着物がとても似合う街があるんです。それは小樽。レトロな街並みを着物で散策してみませんか。

小樽運河

レトロな街並みはいくつもの時代を感じることができる

小樽市は石狩湾に面した札幌の左斜め上にある都市です。札幌からでは、車だと1時間弱程度で到着することができます。

石炭を運び出す港街として、そして豊富なニシン漁によって栄えました。明治時代になると、北海道を開拓するために、函館や札幌などに北海道開拓使が設置されることとなります。

その重要な拠点となったのがここ小樽です。経済の中心として金融街もでき、日本銀行の小樽支店は、北海道唯一の日本銀行の支店でした。その繁栄はすさまじく、現在でも小樽の港は北海道を代表する港です。

ニシン漁の不漁などによりその後衰退していきますが、その周辺には、当時を回想することができる古き良き建物などが残っており、当時の小樽の栄華を垣間見ることができます。

また、季節によってさまざまな顔を見せてくれる小樽運河は、小樽の象徴のような存在です。

着物散策したいレトロモダン都市小樽

小樽は観て良し食べて良し体験して良しの、日本屈指の観光スポットです。歴史的建物も多く残っていることから、着物で散策するとレトロでモダンな小樽にぴったりの思い出となるでしょう。

小樽運河
小樽観光の定番スポットです。当時の名残をのこした石造りの建物が見えてきます。着物で石畳の運河沿いを散歩してみてはいかがでしょうか。

夜になると運河沿いの街灯がとてもきれいです。フォトスポットである浅草橋からの写真はインスタ映え間違いなしです。


堺町通り
のんびり運河沿いを歩いて浅草橋で記念写真を撮ったら、山側にちょっと戻ります。市指定歴史的建造物の運河ターミナルが見えたらそこが堺町通りの出発点。北のウォール街と言われた時代にタイムスリップしたような建物がいっぱいです。

ガラスのお店や海産物、スイーツやお寿司屋さんなど小樽らしいお店でのんびりしましょう。メルヘン交差点にあるオルゴール堂で締めくくりです。(引用:小樽観光協会公式HP


コメントは受け付けていません。