加賀100万石の城下町金沢は着物が似合う街

かつての城下町であった金沢は、武家屋敷跡に見る趣ある街並みや、歴史と文学が混じり合った風情が魅力の、人気の街のひとつです。そんな金沢を着物で街ブラしてみましょう。

ドラマの舞台にもなるかつての城下町金沢

前田利家公がおさめた加賀100万石の城下町であった金沢は、たびたびドラマや映画の舞台となることが多く、金沢城を中心に、武家屋敷群や歴史ある建物が魅力的な街です。

また金沢三文豪と呼ばれる泉鏡花、室生犀星、徳田秋聲が生まれ育った街でもあり、文学的、文化的にも発展しました。

世界中から観光客が訪れる文化財指定庭園である兼六園をはじめ、歴史、茶屋、美術、美容などさまざまな分野に関連する美しいスポットが多く、インスタ映えするフォトジェニックな街としても有名。

そのためか最近では、女子会旅の人気候補地にリストアップされています。

茶屋街を着物で散策

金沢には風情ある歴史的な建物や街並みが美しいですが、着物を着て歩きたい、そん場所があります。

それは茶屋街です。金沢には茶屋街が3つあり、ずらりとお茶屋が立ち並んでいます。

また、金沢には金沢芸妓と呼ばれる芸妓がおり、伝統のおもてなし、そしてお茶屋遊びを経験することができます。そんな街を歩くには着物がぴったりです。

昔の古い町割りを体験

金沢は昔に描かれた古地図も町割りが今でも残っている街です。昔の人が歩いた街並みをたどってみるのもいいですね。

古地図は金沢駅構内の観光案内所で手に入れることができます。

「東山・長町・石引エリア」と「金沢別院・寺町エリア」に分かれ2種類準備されていますよ。

コメントは受け付けていません。